ホーム > おもしろ > 理由無い

理由無い

実際にパソコンの画面の前に座りリアルタイムで上がったり下がったりしている市場を目を向けていると、理由無くエントリーをしなければいけないという思いに突き動かされる場合も多かったりします。

 

しかし、ぼんやりした思いつきで売り買いをすることだけは絶対に避けてほしい。

 

知っての通り、為替相場は年中休みなくマーケットはオープンしているし相場も、上がったり下がったりします。

 

そうであっても、何回も売り買いをしていると、その回数だけ損失が生じる可能性が高くなります。

 

確かにエントリーの数を増やすことによって、結果的に勝つ確率が五分五分になっていくのは事実です。

 

しかしこの事は「なんとなく感覚で注文」してしまうこととは別の問題です。

 

エントリー回数を増やすということは、自分自身が「ここは!」と思える自信を持った状況でのエントリー回数を積み重ねるという事を言っています。

 

何となく、売買を経験するのとはかなり異なります。

 

相場の戦いに勝つためには自ら意識的に緩急をつけることが不可欠です。

 

「ここはいける」と思った相場の時には持っているポジションを増やして、集中して儲けを狙います。

 

「だいぶ悩ましいマーケットでどうなるか読めないな」と思い至った時は、いっそのこと売買ポジションをひとつ残さずクローズして何もしません。

 

これくらいのけじめがあったほうが、エントリーは勝利します。

 

相場の名言には「休むも相場」というものがある。

 

本当に言葉どおりです。

 

相場とは、いついかなる時でも売買ポジションを所持する事がすべてではなく、どれも持たずにじっと見ていることも状況によっては外国為替相場です。

 

それならば、どういう場面で休みどきなのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、前述の通り、最近の為替相場が明確に理解できない時です。

 

上がるのか下がるのかわからないような時は、ヘタに動くと、自分で考えた脚本とは異なった方向に為替相場が変化してしまい、損する事になってしまいます。

 

そのため、そういう場面ではポジションを諦め何もしないで様子をみるのが最善の策です。

 

第2に、あなた自身の健康状態がよくない時です。

 

健康状態と相場に関係しないと思う投資家もいますが実際には思いのほか関係があります。

 

コンディションが悪い時はマーケットの決断しなければいけないところで必要不可欠な決断を下すことが出来ない場合が多くなります。

 

やる気がわかない時は、相場から離れてみるのも大切な事です。