ホーム > 出来事 > 司法書士有資格者

司法書士有資格者

任意整理という言葉は一般には債務の整理というふうに言われ各債権を有する者に対しての借金の支払いを行うことを選ぶ債務整理の手順のことです。

 

実際としての手続きでは司法書士有資格者あるいは弁護士が債権を有する者と債務者との中に入って示談をして法によって利息の適用し直しを行って一から計算しなおした借入金の元金にかかる年利をカットした形で36か月ほどの期日で返済を行う借金整理の手順です。

 

この任意整理にはいわゆる裁判所などをはじめ機関が手出しすることがないためそのほかの手続きと比べると利用した際における不利益が少なく、手順も借金をしている人にとってそれほどストレスにならないので、メインとして検討してほしい手順といえるでしょう。

 

また、債権を持つものが街金といった高い年利の際には、利息を制限した法律が許している金利などを超過して振り込んだ金利においては借りたお金の元金に充てるとしてもととなる元金そのものを減らしてしまうこともできてしまいます。

 

ですので、ヤミ金などのとても高い利息のところへ長い期間返済している場合には額を減額できることもありますし15,6年とか返済しているケースなら借金そのものが償却されるようなこともあります。

 

任意による整理の良い点ですが、破産申告とは異なりある部分のみの借金のみをまとめることになりますので、保証人が関連する借入金以外だけで検討する時やマンションのローン以外について手続きしたい場合などでも活用することもできますし財産を放棄してしまう必要がないため住宅などの財産を所有しているものの、放棄してしまいたくない場合においても有用な借金整理の手続きになるでしょう。

 

ただ、手順を踏んでからの返済に必要な額と実際の収入をかんがみて返済の目処が立てられるようであれば任意での手続きを取ることが可能ですが自己破産手続きと異なり負債そのものが消えるわけではありませんので借入金の金額がかなりになる場合においては実際的には任意整理で方法を取るのは困難になると考えるのが無難でしょう。